色彩スクール&コンサルティング  REAL COLOR DREAM 主宰 松本千早(ちはや)が大阪からお届けするブログです。           色が夢を叶えてくれる☆


by chihaya_color
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ワインの色彩

毎月第4木曜日はワイン教室の日です。
私の愛する千里の酒屋さん「たけや」さん主催のワイン教室です。

少なくとも6種類のワイン(時には泡モノ、シャンパーニュが入り、飲みきれないことも・・・)とチーズとパンなどのオススメおつまみ類を用意してくださっています。
ワインが美味しいのは言うまでもなく、
このおつまみ類がまたgoodなのです!

1時間30分の間に、ワインについてお勉強をした後、凄い勢いでワインを頂くので、
ハッキリ言ってかなり酔ってしまいます。
このスピード感は面白いですよ。


c0168308_22241883.jpg


でも、そこはやはり、
千里の街でも指折りの酒豪たちが集ってきておられるので、
そんな勢い何のその。
皆さん顔色すら変らず、でも盛り上がりながらワインのウンチクを語っておられます。

私はこのメンバーの中では、酒豪ランキング下位から数えた方が早いほうですので、
ボチボチのペースで頂いております。

もちろん、お味も大切ですが、
色彩コンサルタントの私としましてはワインの色彩も気になります。
ちゃんとワインの色が見比べやすいように、白い紙が敷かれているのですよ。

微妙なワインレッドの違いを色名で表すのは難しいですね。
ベリーレッド、ラズベリー、ルビーレッド、ガーネット、ボルドー、バーガンディ・・・・・

ボトルに閉じこめられていた赤い液体が、
グラスに注がれることで、空気を含み、
光が透過することで、ワインレッドが更に輝いて見えます。
グラスの中で、深呼吸して、「う~ん!」とのびをしているような。

それぞれが、息吹を与えられて解放された「赤」になった気がします。
澄んだ透明感を持つモノはさらに研ぎすまされた赤を放ち、
深みあるものは、背負ってきた熟成時間を色の厚みで表現するかのような深さを呈しています。

人間と同じように、
生きてきた厚みが色や味の個性になるところが、
ワインの醍醐味でもあるのでしょうね。

私自身も味わいある熟成を重ねて行きたいと
ほろ酔いながら感じる、
去りゆく夏が淋しい今宵です。

c0168308_22295466.jpg


c0168308_2236348.jpg


私の今日のお気に入り、カヴァ スマロッカ グラン ブリュット
力強い泡立ちでした。
ボトルもキレイです。
悩んだときはボトルやラベルのデザインを観てインスピレーションを働かせますからね。
ワイン・シャンパーニュも見た目が大事です☆
Commented by 副支部長 at 2008-08-29 20:49 x
千里の街? 伊賀上野でしょうか?土地勘ないもので、、、。
そう言えば、一口にワインカラーと言っても、色々ですね。香りが漂ってきました。私もワイン好きです、ビールよりも、。甘くない赤かな。いつも安物ばかりですが、、、。
Commented by chihaya_color at 2008-08-31 20:51
副支部長さま、遠方から応援ありがとうございます。
楽しいお仕事と、美味しいお酒・お料理があれば人生が彩られますよね☆
Commented by RICH at 2008-09-07 10:25 x
ワインは工業製品と違って 葡萄の育つ環境とか天候とかによって どれも唯一無二の味わいがあるのが面白いところ・・千里は大人の街ですが人間も熟成の過程で変化するからワインと合わせて人間ウォッチングも面白いでしょうねぇ。
Commented by chihaya_color at 2008-09-08 01:36
RICHさん、コメント有難うございます。千里の畑・陽差しで育った面々は多彩で楽しいですよ。皆さん、ヴィンテージものではないでしょうか・・・。笑
by chihaya_color | 2008-08-28 22:45 | Color | Comments(4)