色彩スクール&コンサルティング  REAL COLOR DREAM 主宰 松本千早(ちはや)が大阪からお届けするブログです。           色が夢を叶えてくれる☆


by chihaya_color
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:Color( 366 )

久しぶりのブログUPです。

今日も生徒から「先生のブログをお気に入りに入れているのに、UPをサボりすぎですよ!」との言葉をもらってしまいました。
9月は極限の忙しさとの戦いで・・・、お許し下さいませ。


しかし、ずっと次回のテーマは決まっていたのです。
そのためのリサーチをしていたのですが、決め手になるファッションスタイルの写真が見つからず、先送りになっていました。

でも、その写真を、や~っと見つけました!!

サッカーワールドカップ日本代表選手のパーソナルカラーシリーズ第4弾は本田圭佑選手です。
見て下さい、この写真を!

c0168308_22245750.jpg


素敵でしょう~☆☆☆
本田圭佑選手のベストカラーはここなのです!!

日頃、黒やグレー系のスーツや白いシャツといったモノトーンのファッションでマスコミに登場することの多い本田選手ですが、
実はそれとは反対のイエローアンダートーンの色、しかも深み、濃さがある色が似合う人です。
つまり、本田圭佑選手のパーソナルカラーシーズンはオータム(秋の色)です。


明るい髪色がトレードマークとなった本田圭佑さんですが、もともとご自身の髪はダークです。
星陵高校時代の写真でもお分かりでしょう。

c0168308_22421070.jpg



温かみのある黄色いユニフォーム姿は、タフな肉体とも共鳴してとても頼もしく、野性みを帯びて映っています。

c0168308_2250687.jpg



ダークな髪、黄みの強い肌、血色の良くない唇、
私特有の表現ですが、どこか恐竜を思わせる顔立ち!?(お分かりいただけますでしょうか笑)

内面的にも理論派で、こだわりを持ち、目的意識のはっきりした言動。
まさに本田圭佑選手はオータムの極みです。



しかし、皆さんご存知の通り、最近の髪色はかなり明るいイエローですね。
これは、パサーとしてのサッカー美学を貫いてきた彼が、
海外での成功のため、自分の信念を塗り替えて、ゴールを貪欲に目指すサッカー哲学へと切り替えた象徴ではないかと、推し量りながら私は観ています。
「ゴールへ向かう俺にパスを!」というカラーでのアピール。。。



c0168308_2375587.jpg



色相の方向性は悪くありません。
しかし、もう少し明度を下げた方が落ち着いた本来の本田選手の魅力が表現できると思います。
(色彩用語をご存じない方へ:もう少し落ち着いた黄み寄りの茶色にした方が・・・という意味です)


ワールドカップが開催された南アフリカにも美容師さんを呼んでカット&カラーをしたとか。。。
しかも、中田英寿さんと同じ美容師さんだとも。。。


中田英寿さんのパーソナルカラーシーズンも、オータムです。
(またご当人を主役にした特集を・・・)
そう、このお二人、顔つきも、考え方も、言動も、似ていますよね。

c0168308_23423556.jpg



中田英寿さん、このキャメルとっても似合っています。。☆
モノトーンが多かったのですが、最近はスタイリストさんも気がつかれたのか、オータムカラーが増えてきていますね。いいことです。☆

クールに構えているようでも、
オータム男子、実は実は、頑丈でウォームで熱~いお二人なのです。



その中田英寿さんと本田圭佑選手が対談した番組がありました。

c0168308_23191881.jpg



折角ウォームな二人が対談するのに、このスタジオ設定がなんとクールなこと!!
青い照明に、ル・コルビュジェの超モダンな黒革ソファー、
グレーのスーツにシャープな黒いシャツ・・・というコーデイネートではモッタイナイのです。


むしろグランドキャニオンを背景に、
黄金に輝く砂地の上で、
オレンジの夕陽を浴びながらの対談がオータム男子×2には相応しいです。。。(笑)
ついでにオータム男子の
キムタク
織田裕二さん
佐藤浩市さん
などにもゲスト出演していただいても良かったかも知れません。。。(笑)


話が逸れました、戻しましょう。


オータムな本田選手には、
渋いオリーブグリーンや
コーヒーブラウン、
キャメル、
ベージュといった色を
是非来ていただきたいです。


珍しく穏やかなモスグリーンを着ている写真を見つけました。


c0168308_23585563.jpg



お若い頃の写真ですが、このオータムなグリーンがとても似合っているので、
穏やかで、頼もしくて、とても親近感に溢れているように感じるでしょう。

この姿が本来の本田圭佑選手の人間味ではないでしょうか。


でも、世界の第一線で戦い続けるためには、
そんな素のご自分をさらけ出すのを控えたいのでしょうね。。。きっと。

オータムは自分自身を追い込みますからね。



「パーソナルカラーシーズンがオータム&血液型がAB型」の本田圭佑選手を、

同じく「オータム&AB型」の私が分析してみました。。。



アルベルト・ザッケローニ新監督のもと招集される、10月の試合を楽しみにしています。
by chihaya_color | 2010-10-02 00:26 | Color | Comments(3)
サッカーワールドカップ日本代表選手のパーソナルカラーシリーズ第3弾は、
ゲームキャプテンを務められた長谷部誠キャプテンです。

年上女性からの圧倒的な支持が高いと評判の、長谷部誠選手のファッションチェックをさせていただきます。

c0168308_2317036.jpg


黒いツヤ髪、
端正なマスク、
簡単には崩れない表情、
決して大きくはありませんが、凛として揺るぎない強い目差し。

また、この韓流スターもびっくりの貴公子ぶりからして、
長谷部誠選手のパーソナルカラーは「ウインター(冬タイプ)」です!!

純白をこんなにも清潔感をもって着こなせているのですものね。


c0168308_23253415.jpg


前回長友佑都選手のファッションチェックをした際にもふれましたが、

「とんねるずのみなさんのおかげでした」に出演した際には、タカさんの隣に座り、
お2人が似合うクールなブルーアンダートーンの色たちに囲まれて、
とてもすっきり爽やかに見えました。

この写真を見て感じることがあります。
一見、暴れん坊に見えるタカさんの方が、肌にピンクみがあり、肌質が薄く柔らかく感じること。
長谷部誠キャプテンの方が、しっかりした肌質で、赤みが感じられず、表情がうかがい知れないこと。
(なかなか、ここまではパーソナルカラー初心者の方には分かりづらいと思いますが。。。)

「食わず嫌い対決」も表情を乱さない長谷部選手が、長友選手に勝っていましたよ!笑
おそるべし、どっしり腰を据えたウインター男子!!
明るさ、朗らかさがウリのスプリング男子には、こういう勝負では負けませんね。

また、長谷部誠選手はグレーやくすんだブルーからなるダンガリーシャツを着ていますね。
もちろん、これも悪くはありません。優しく穏やかには見えます。

でも、それ以上に、インナーに着ている黒のVネックシャツの方が、
クッキリと顔立ちを引締めていることを見落としてはいけません。
流石のウインターさん、黒が良~くお似合いです!!

(パーソナルカラーをご存じない方のために・・・
ウインターさん(冬タイプ)が一番「黒」の似合うタイプなのです)



さて、ファッションチェックを続けます。

c0168308_23354834.jpg



何と言ってもウインター男子はキリッとスーツが似合います!
およそサッカー選手というよりは、
仕事がバリバリ出来るビジネスマンですよね。
南アフリカでビッグビジネスをまとめてきた安堵の凱旋帰国ってイメージです。
バッグには何百億の契約書が。。。
恐れ入りました。。。


c0168308_23491037.jpg



メリハリが必要なので、この赤と黒のコントラスト配色が似合います。
真っ黒の髪と肌とのコントラストとリンクするのですよ。


c0168308_23511114.jpg


ですから、いくらイケメンの長谷部誠選手でも、茶髪はNGなのです。
「ぼんやり」は、だめなのです。
松井大輔選手のシリーズでも、止してくださいとお願いしましたが、
長谷部誠選手も、もう、絶対に、黄色い髪は止めてくださいね!


c0168308_0105161.jpg


洋服にも同じ事が言えます。
あいまいなベージュや黄みがあってくすんでいる色は、苦手な色なのです。
モッタイナイですよ。


c0168308_23571623.jpg


ベージュはオシャレな色ですから、着るなら、こうやってボトムに使ってください。
そして、トップスにはこんな風に鮮やかな色でインパクトを!
カーマインレッド、とってもよくお似合いです。


c0168308_032117.jpg


やはり、ツヤツヤの黒革をすんなりと着こなせますね、素敵です◎
☆☆☆☆☆です。

ウインター男子はこうでなくっちゃ、です。

欲を言いますと、ストールについて書きたかったのですが・・・、
もう、何も申せません。。。


ユニフォームについては、またの機会といたしましょう。。。

長谷部誠選手のパーソナルカラー&ファッションチェックでした。
by chihaya_color | 2010-08-05 00:39 | Color | Comments(2)
W選手のパーソナルカラーシリーズです。

今回のワールドカップサッカーで活躍し、セリエA ACチェゼーナへ移籍した長友佑都選手についてです。

c0168308_042073.jpg


明るくてきらきらしたライトブラウンの瞳と、ブライトに輝く黄色い肌質、血色の良い頬色を持った長友選手のパーソナルカラーシーズンは、「スプリング(春タイプ)」です。

スプリングさんはキャンディカラーのような、明るくて若々しい色が似合います。
ですから、ヘアカラーもこんな明るい茶髪が自然で良く似合うのですよ。



先日、「とんねるずのみなさんのおかげでした」に出演されていました。

c0168308_18477.jpg


まずこの日のスタイルについて、ファッションチェックさせていただきます。
白いTシャツに、やや緑みを帯びたグレーのジレ(ベスト)、ボトムはボリュームのあるデニムでした。

スプリングさんは基本的にカジュアルスタイルが似合うので、こういう場にもTシャツ+デニムのコーディネートはあえてOKです。
このTシャツは白地に赤でロゴが入っていたのも明るいパーソナルカラーに引き寄せていて◎。

重さを感じるジャケットより、ベストは軽さを感じさせるアイテムなので、これもスプリングさんには◎です。
もう少し、カジュアル感のあるデザインでもよかったかしらね。

写真には写っていませんが、強いていてば、デニムはもう少し軽めの、短めのパンツがオススメです。
(ちょうどノリさんがそんなパンツをはいていました。)


また、と~っても分かり易い座り位置になっていましたので、検証してみましょう。

c0168308_1254848.jpg


とんねるずのお二人のパーソナルカラーは、
ノリさんが「スプリング(春タイプ)」…イエローアンダートーン
タカさんは「サマー(夏タイプ)」…ブルーアンダートーンです。

つまり、長友選手とノリさんは同じ明るくて瑞々しい黄色が入ったウォーム系の色がよく似合う者同士です。
スタジオセットのお花たちも、スタッフがちゃんと意識されたのか、こちらサイドにはイエローやオレンジ、イエローグリーンといったイエローアンダートーンの色で統一されています。

映像の絵的にもまとまっていて調和しているでしょう。
これがパーソナルカラーの力です。


向かい側で対戦していたのは、長谷部誠キャプテン。

c0168308_1441845.jpg



長谷部誠選手は、タカさんと同じクールな色が似合うブルーアンダートーンに属します。
ですから、こちらサイドはお花や小物に至るまで、サクラやローズ系のクールなピンクなどのブルーアンダートーンで統一されていて、とても心地良いです。

「とんねるずのみなさんのおかげでした」スタッフの方々、
この配置、色選択オミゴトでした。


素敵な長谷部選手のパーソナルカラーについては、また改めて語ることにします。



松井大輔選手から長友選手は「私服がちょっとイケていない選手」に選ばれていましたが(苦笑)、
それも勲章にしてください!!

いつもハツラツとしたプレーで楽しませてくれる長友選手へのアドバイスとしては、
出来るだけ明るくてフレッシュな色を着て頂きたいです。
イエローやオレンジ、明るいグリーン系がオススメです。
それが長友選手のパーソナルカラーです。


c0168308_159020.jpg



難しいことは申しません。
まずは、赤や青も、鮮やかな色を選んでください。

まさに明るい色が、エネルギー、生命力に満ちあふれる長友佑都選手にぴったりでしょう。

新しいチームチェゼーナのクラブカラーは白と黒とのこと。。。
ならば出来るだけ他に身に付けられるものに、明るい色を使うことをオススメします。

パワーカラーでエネルギッシュなプレイを導き出してくださいませ。


長友佑都選手へのカラーアドバイスでした。
by chihaya_color | 2010-07-30 02:13 | Color | Comments(0)
とうとうサッカーワールドカップも終わってしまいましたね。
スポーツ観戦好きの私としましては、今回も熱~く盛り上がってしまいました!
やはり、スポーツは素晴らしい☆☆☆

とはいえ、ゲームの勝敗のみならず、「色」が気になる私。
各国のユニフォームの色、
また各選手がそのユニフォームが似合っているのかどうか、
ヘアカラーは正しいのかどうか、
私服で会見したときのセンスはいかがなものか・・・
気になって仕方がありません。。。


そこで、ワールドカップ日本代表選手のパーソナルカラー(似合う色)を分析してみます。

まずは、今回一番のファンになった 「松井大輔」選手 についてです。

c0168308_0354639.jpg


松井大輔選手はオシャレですよね!!
帰国会見の際の黒いフレームのメガネも◎でした。
スーツも良くお似合いです。
お休みの日には在住のフランスからイタリアへお買い物に出掛けられるとか。
なるほど私服のセンスも日本チームの中でもNo.1かもしれません。
ふっとしたオフショットで見せるファッションスタイルがとても素敵ですよ。

まず、松井大輔選手のパーソナルカラーシーズンは「サマー(夏タイプ)」です。
ソフトブラックの髪、
穏やかな深みのブラッキッシュブラウンの瞳、
黄みが強くなく、ほんのりピンクみを感じる肌。
マットな質感。
典型的な「サマー男子」ですね。

それを踏まえてファッションチェックさせていただきます。

ただ、帰国後、TV出演が相次いでおられましたが、出演時は恐らくスタイリストさんが選ばれたコーデイネートになっているのでしょう。
ですから御本人にとっては本意・不本意があると思いますが、どうぞお許し下さいませ。
さらに素敵になっていただきたいがための、一方的なファッションアドバイスです。(笑)



c0168308_0461031.jpg


この時のモノトーンのサッカー生地のチェックシャツ。とても良くお似合いです。
スタイリストさんも生地をリンクさせたのでしょうか。。。(笑)
インナーの杢グレーもベストに似合うベーシックアイテム。
濃紺のデニムスタイルも松井選手の落ち着いた雰囲気とピッタリですね。
スタジオの照明もクールな色調で、サマーさんにとっては追い風。
とても御本人が輝いていました。


c0168308_1184067.jpg



ジャケットスタイルも雰囲気があって上手に着こなされています!
黒髪、黒いお髭と調和して黒のジャケットもお似合いですが、
サテンのツヤのある襟がちょっと気になりますね。
あまりテカり過ぎない、マットな素材の方が松井選手にはより◎でしょう。


c0168308_1234981.jpg



このお星様刺繍?のシャツは・・・朝の番組とはいえ「クールな渋さが魅力」の松井大輔選手にとっては、ちょっと可愛らしすぎたでしょうか。。。。(^^;)
「時折こぼれる茶目っ気たっぷりの笑顔」のイメージともすこし違うような。。。
グレイッシュなダンガリーシャツに、襟裏やカフスにちょっとした工夫のあるリラックス感のあるものなどが良いかと。


また、パンツはジャージー素材で面白い質感で、とても粋なパンツですね。
それに合わせるなら、ニット系素材のトップスでも良かったかも知れません。


c0168308_1314882.jpg



やはりネイビーブルー系はとっても良く調和しますね。
さすが、サマー男子です!!
安心してみていられるカラーです。
とても穏やかで爽やかなイメージ。
知的で信頼感を抱ける印象に見えますよね。
パーソナルカラーは大切です。

背後に映っているサムライブルーのユニフォーム、
このジャパンブルーもとてもマッチしていましたよね。

ちなみにここ数年の松井選手の海外でのユニフォームは・・・


c0168308_1453877.jpg


ル・マンではこんなオレンジレッドでした。。。
この黄みの赤はブルーアンダートーン(青みを自分自身がもっている人)の人には黄みが強いので難しいです。。。
もう少しクールなイチゴの赤や、ワインレッドなどの赤が◎なのです。



c0168308_1492034.jpg


その次に所属されていたサンテテイエンヌのテーマカラーは、こんな明るいグリーンでした。
緑にもいろいろありますが、ざっくり申しあげて、
サマーさんはグリーンよりブルーが圧倒的に得意なので、このグリーンでは少しお顔が黄色くみえてしまって、惜しい。。。




c0168308_1535885.jpg


一番最近のグルノーブルのブルー系ユニフォームは、ほらねっっ!!
とっても爽やかで良くお似合いでしょう~~!!

フィールドでの卓越した松井選手のプレイがこのユニフォームでますます輝いてきたはずです☆

ワールドカップでの活躍で、世界中のクラブからのオファーが集まっているようですね。
どうか松井選手を輝かせてくれるユニフォームカラーのチームに決定されることを祈っております。


それからひとつお願いがあります。
かつてのように髪色を明るくするのは封印していただきたいですね。

c0168308_25377.jpg



絶対に黒髪がお似合いですから!!
今の髪色がベストです!

そして、ソフトなモノトーンスタイル。
ブルー系やパープル系をスモーキーな質感・色感でシンプルに着こなされるのがお薦めです。

小さい写真ですがこのようなスタイルがとてもお似合いですよね。
男性ですが、上品さ、きちんと感がサマー男子のスタイルには必要なのです。

c0168308_2114379.jpg





松井大輔選手のサクセスカラーはブルーです。
ますますブルーが更なるパワーとなってくれますように。。。

c0168308_12371315.jpg



この松井選手から本田選手へのパスが今回のサムライジャパンの活躍の根源です。
美しいフォーム!!


ちなみにシューズの裏の色までジャパンブルーの補色になるオレンジですね☆
なおさら映像的にキレイ!!



たくさんの感動に感謝を込めて、
一方的に「松井大輔選手へのカラーアドバイス」でした。。。
by chihaya_color | 2010-07-14 00:30 | Color | Comments(2)

時代は中彩度

可愛いくてステキな観光ポスターを見つけました!

出張に向かう前、JR新大阪駅のカウンターでチケットを購入中、
ふと柔らかな色合いの気配を感じ、横を見るとの壁にこれが貼られていました。

c0168308_21522595.jpg


「平城遷都1300年祭」でキャンペーンを行っている奈良へ誘う
JR西日本のポスター&パンフレットデザインです。

奈良=鹿 ・・・という安易な発想ではありますが、
今どきの若い女性のこころを掴むデザインですよね。


隣に貼られていた通常の観光ポスターは、こうです ↓

c0168308_2224521.jpg


よく見かけるJRのポスターはこういうイメージですよね。
(谷村新司さんはとっても面白くて魅力的な方ですが・・・)
写実的で、現実がそこにあるイメージになってしまいがちです。
もっと自分自身がオリジナリティある旅を創造できる余裕を含ませて欲しいのです。


では、この奈良のポスターの色使いを分析してみましょう。

まず、色相(色み・色合い)は、「赤紫」と「緑」。
カラーを学んでいる方はもうお分かりですね!
はい、補色です。
互いの色をきれいに見せ合う色どうしですね。
色相にコントラストがあるので、リズム感も生まれます。

また、その対比を和らげるように「白」も使われていますね。

背景は若草山を思わせるほんのりうすーい「黄緑」。



では、トーン・色調はどうでしょうか。
赤紫はやわらかいl「ライトトーン」
緑は深めの「ダークトーン」
背景の黄緑はほとんど白に近い「ベリーペールトーン」とでも呼びましょう。

つまり、背景は別にして、
赤紫が明るくやわらかくなった「ピンク」も
落ち着いて深い「緑」も
中彩度なのです。

現代の風潮は「ナチュラル」&「リラックス」。
若い世代では特にゆる~い感じが心地良く受け入れられています。
その空気感を表わすためには
鮮やかで攻撃的でシャープな「ビビッドトーン」の高彩度では決してないのです。
かといって小さい頃から色の楽しさを知っている世代には、「グレイッシュトーン」の低彩度ではもの足りません。


つまりは、「中彩度」なのです!


緩やかに時が流れてきた歴史をイメージし、
何かと争いを嫌い穏やかな関係を望む現代の若者の心を捉えるには、
中彩度なのです。

とんがり過ぎずにしなやかに自分を表現できるのが、中彩度なのです。


パンフレットのページを開いても、
この「ピンク」と「緑」が期待を裏切らずに誘導してくれています。



色上手になるには、「トーン」「色調」に長けること、これなのです!!


c0168308_146034.jpg

by chihaya_color | 2010-04-17 23:51 | Color | Comments(2)

お気に入りの配色

最近お気に入りの色は「Red&Brown」
その配色です。

改めて眺めてみると、ある・ある・ある!

c0168308_0161132.jpg


まずはお気に入りのブローチです。
真っ赤のお花をウッドのブラウンが和らげているニュアンス、お分かりいただけますでしょうか?
可愛らしさと落着きを表現したい時にピッタリのブローチです。


続いてはオーガンジーのチュニック柄です。

c0168308_0204284.jpg


ブラウンに赤のアクセントが効果的でしょう。
しかも、お花のモチーフが上のブローチと似ていますね。。。



ブラウンはそもそも赤に黒やグレーを混ぜて作る色です。
ですから、赤とブラウンは相性が良くて当然なのですね。


最近の雑誌は「付録」がブームですね。
ちらっと眺めてみると、その付録に気になるRed&Brown配色が!!

雑誌の中身より、まんまとこちらが気に入り、購入してしまいました!
ちなみに雑誌は Ane Can
普段はあまり買わないのですけれどね。。。

c0168308_028769.jpg




そしてやっと見つけた「マイカラー携帯」
ここしばらく使っています。

c0168308_0423214.jpg


外が「ラスト」と呼ぶ赤茶色。決してエンジ色ではないのです。
そして、内側がチョコレートブラウン。
ポイントになるのが、アクセントカラーのゴールド。
しばらくは大切に使いたいと思っています。



最後にここ1年ほどお気に入りで食べ続けているアイスクリームのパッケージを紹介します。

c0168308_0531843.jpg


改めて確認できたのですが、やはり「Red & Brown」でした。。。

お味も最高に美味しいので、オススメいたします。

冬でも私の冷蔵庫には、この「板チョコアイス」数個が常備されています。



Red & Brownとは・・・
私の中の熱い部分と、どっしりと落ち着いた部分が表現されているあたりが、お気に入りの要因なのかもしれません
by chihaya_color | 2009-12-04 00:16 | Color | Comments(2)

2009セミナー開催Ⅱ

カラーに携わるお仲間達とセミナーを企画しています。
その第2弾のお知らせです。

今年は「素材」に焦点をしぼり、セミナー企画をしています。
先日もテキスタイルデザイナーの先生にお越しいただきました。

今回は、女子大にて服飾をご専門にされている先生にお願いいたします。

『洋服素材のアラカルト』と題して
普段何気なく着用している洋服の「この生地は何?」「この柄のルーツは?」などの素朴な疑問にお応えするセミナーです。
とても珍しいパイナップルで作られた繊維や、ペットボトルで作られた繊維などもご紹介してくださいます。
チェック柄・水玉模様・洋服に使われる素材を実物に振れながら楽しんでいただけます。

日程:2009年9月13日(日)
時間:13:00~受付開始
    13:15~セミナー開始(16:15終了予定)

会場は京都です。
地下鉄東西線「東山駅」近隣

参加費:一般3500円


色、ファッションが好きな方々のご参加をお待ちしております。

ご興味をお持ち頂けましたら、お問い合わせください。
by chihaya_color | 2009-08-18 23:35 | Color | Comments(2)

作品からの癒し

お知り合いの先生の美術展へ出向きました。

ハードな日々が続き疲れもピークを迎えていた私には、まさに「癒しの作品」でした。

作品のナチュラルな色と
シンプルでいながら温かい筆のタッチが
心に穏やかな風を送ってくれたような感覚です。


c0168308_0115381.jpg



同じ学校で授業を受け持たれている石川先生の作品です。
作品はお人柄も映し出しますよね。
いつもにこやかな表情がそこに見えてくるようです。


一緒に出品されていた別の作家さんの作品をひとつ。

c0168308_0224435.jpg



作家さんの意図とは別に、この彩りに惹かれているうちに、
あることを思いつきました。

作品をオリジナルで好きな部分でカットして写真を撮らせていただくと、
きっとオモシロイに違いないと!

即、実行!!

PARTⅠ
c0168308_0283066.jpg



PARTⅡ
c0168308_0292582.jpg



PARTⅢ
c0168308_0303750.jpg



まるで別の絵みたいでしょう。
それでも筆運びの息吹を感じてしまいます。

日々忙殺されて生きている中、
人のエネルギーが詰まった美しいモノに出会うことは、
理屈抜きで必要ですね。


もう一つ、個性的な作品を集められたカレンダーを。

c0168308_038029.jpg


なんとも可愛らしい動物達が魅力的でしょう。
作品名がまた物語を感じて楽しいのです。
動物たちの表情が人生を語っているのですよ。

なんと作家さんは山内 亮さんとおっしゃる男性で、お顔がモチーフのライオンにそっくりです!

8月8日までギャラリー「白3」にて「山内 亮」展を開催中。
おすすめです。




ギャラリー「白3」
大阪市北区西天満4-3-3 星光ビル3F
TEL 06-6363-0493
by chihaya_color | 2009-08-06 00:52 | Color | Comments(1)
これは私が良くアクセサリーを購入するお店に飾られてあった作品です。

中東を彷彿させるような青緑とマルチカラー、
決して単純ではない丸いモチーフの織り成す「模様」が
心に安らぎと、フレッシュなエネルギーと、新たな好奇心を与えてくれます。


c0168308_225556.jpg



「模様」って素晴らしいですよね。
「柄」を愛す私にとって、テキスタイルデザインはとても興味をそそられる分野です。

「No Pattern  No Life」 ですね(笑)



そこで、個人にスタイリングが多様化する現代において、
「アパレル業界・リアルクローズ」の世界はいったいどうなっているの?・・・と
疑問を持たれることがあると思います。
色を学び、色のお仕事をしたいと考えている方々にとっては必ず必要な知識ですね。



今回、現場でご活躍中の素敵な先生からテキスタイルデザインを学ぶ機会を設けることができました。
「テキスタイルデザインセミナー」を開催いたします。


日時:2009年8月1日(土)

受付開始 13:40~
時間    14:00~16:00

会場:大阪市西区京町堀の綺麗なスタジオにて
    地下鉄四つ橋線「肥後橋」駅 歩5分
    地下鉄四つ橋線「本町」駅 歩6分

参加費:一般3500円



中でも、今回このセミナーでは
現在のアパレル業界の状況やテキスタイルデザインの製作行程を知り、
有名ブランドのプリントを分析したり、
実際に各自でテキスタイルデザインを行うというworkも行って頂く予定です。


前もってのお申し込みが必要です。

ご興味がおありになる方は、こちらまで是非お問い合わせください。
締切りは7月17日です。


お待ちしております☆
by chihaya_color | 2009-07-12 23:45 | Color | Comments(0)
この週末に、半期に一度恒例の某大手通信教育企業様の
パーソナルカラーセミナーが週末に行われました。
丸2日間に渡るタフなスケジュールで、全体講義とグループ実習を担当しています。

c0168308_0423811.jpg


初めてお顔を合わせた、年齢も、性別も、環境も全く違う仲間達で進めて行くセミナーですが、
一緒に学ぶことで不思議と自然に団結が生まれて行くのです。
今回も熱心で元気にあふれ、とても素直な生徒さん達に囲まれ、
幸せなカラー時間を過ごすことが出来ました。

皆さん、楽しそうな表情でしょう~☆
ドレープが卒業証書のように見えますね。
こうして人に喜びを与える仕事ができることが、私にとって何よりの喜び。

いつも素敵な生徒さんに巡り合わせていただけることへの感謝と、
明日もまた色と共に活きて行こうと思える瞬間です。

全力投球で2日間を投げきったピッチャーのように、
達成感をオツマミに、ビールで乾杯~☆
&デザートにsweetをたっぷりいただきま~す~☆
by chihaya_color | 2009-04-07 01:15 | Color | Comments(0)