色彩スクール&コンサルティング  REAL COLOR DREAM 主宰 松本千早(ちはや)が大阪からお届けするブログです。           色が夢を叶えてくれる☆


by chihaya_color
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2010年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

このポスターを見て、何としても行かなくては!!
とインスピレーションが働き、
渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムで観てきました。

「レンピッカ展」

c0168308_22212541.jpg


この作品名は「緑の服の女」
モデルは画家タマラ・ド・レンピッカの娘キゼット。

いつも「緑の服を着ている」私としましては、この展覧会を外すわけにはいきません。
生徒にも「緑の先生」と呼ばれているのですから・・・(笑)
(ちなみに上の絵のギゼット、瞳はグリーン、リップはオレンジレッドです。)


女性画家タマラ・ド・レンピッカはポーランド・ワルシャワの良家に生まれ、ロシアで思春期を過ごしました。
18歳で弁護士と結婚。
ロシア革命を機にパリへ亡命するが、働かない夫に代わって絵筆で生計を立てて行く決意をします。

絶世の美貌を持つタマラの描く作品は、どれも圧倒的な存在感を持って観る者を圧倒。
鋭い眼差しと、官能的な肉体がオーラを放っています。

「狂乱の時代」ともよばれた1920~30年代のパリで、華やかな生活を送りながら、
独特の力強い画風とその美貌で一世を風靡していきます。
パーソナルカラーで例えるならば、
「Winter画風」とでも言いましょうか・・・
少ない色数と、シャープなライン、強いコントラストで描かれています。

第2次世界大戦の中、アメリカに亡命。
一時は不遇の時代に陥ります。
この時代、作風ががらりと変わっています。

しかし、晩年になり改めて評価を受けることに!!
1980年82歳でその劇的な人生を終えます。

この展覧会は没後30年の回顧展ということもあり、数々の作品が集められていたのですが、
会場でそんなタマラ・ド・レンピッカの生涯年表を見ていて、驚いたことが・・・!!
彼女が亡くなって、遺言に従って遺灰を火山に撒いた日が、
1980年3月18日でした。

3月18日・・・

「今日じゃないの~~~!!」
鳥肌が立ちました。

呼ばれたのですね、タマラに。
「強く生きなさい!」と叱咤激励されているような。。。
女性としての生き様を教えていただきました。



そして、そして、色を学んでいる皆様、
色使いのヒントも満載ですよ。


渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムでは5月9日まで。
関西では兵庫県立美術館にて、5月18日~7月25日まで開催されます。
皆様、どうぞオススメです。
私ももう一度観たいな・・・とさえ思います。


女性は綺麗に強く生きなくては・・・ね。。。☆
by chihaya_color | 2010-03-27 23:33 | Diary | Comments(1)

Spring Tour in Tokyo 1

スプリングツアー、東京へも上陸して来ました。

ホテルロビーから見えた東京タワーです。

c0168308_2318165.jpg


遠いが故にボケて写った雰囲気が、かえって幻想的で哀愁を帯びていませんか。。。

思いのほか風の強い、花冷えの夜、
ひと仕事を終えた後、いざ銀座へ!と繰り出しました~。

向かったのは、「銀座 景虎」さん。
H&Mの向かいあたりに位置します。

c0168308_2328461.jpg


岡山に本店を持つ和食割烹の銀座店。
今年も伸び盛りのH社長が連れて行ってくださいました~。

まずオーダーしたのが、
大トロ
北海道釧路産水たこのお刺身
菜の花の天ぷら

そうそう、この季節、熊は冬眠から覚めると菜の花を食べて、長い冬の間に溜まった不純物をデトックスするのだそうです。。。
熊になった気分で?、菜の花もサクサクいただきました。


旬菜・鮮魚・炙りがウリのごとく、とても美味しくいただいたのですが・・・・
よくある失敗。
写真撮り忘れました。。。。グスン。


これは辛うじて写真に撮れました、炙り筍。
「やき麦」という麦焼酎と一緒にいただきました。

c0168308_23494267.jpg


この「やき麦」、結構好きなお味です。
麦の焼いた香りが芳ばしく、ほんのり甘みも感じて、口当たりもなめらか。
新鮮な筍と相性がぴったり!
ちょっとこの焼酎が好きになりそうです。


カウンターの中で腕を振るうお若い料理長は、かつて「色彩」を勉強したという経歴の持ち主!?
市原隼人似のイケメン料理長です。
店舗リニューアルも考えておられるということなので、
会ってみたい方はお早めにどうぞ!




そして、銀座のお土産といえば、
銀座松坂屋「ねんりん家」のバームクーヘン。

c0168308_0191789.jpg



こちらはハード系の「マウントバーム しっかり芽」と
ソフト系の「ストレートバーム やわらか芽」の2種類があるのです。

まずは「しっかり芽」を食べましたが、とっても納得!
美味しかったです。



ただし、行列が出来ています。
まるで関西でいうところの、「CLUB HARIE」のバウムクーヘン状態!

スイーツ系は不況知らずですね~



in Tokyo シリーズは、まだまだ続きます☆
by chihaya_color | 2010-03-25 00:39 | Diary | Comments(2)

ネイル12

ここのところ、ピンクが気になる私です。
色は心を映しますから、春の気分?ときめきの気分?なのかもしれませんね。。。笑

そこでネイルもピンクにしてみました。

パーソナルカラーを学ばれた方は理解されていることですが、
ひとは肌の色や瞳・髪の色によって似合う色が違ってきます。
肌の色にピンクみが強い方は、サクラのピンクや、オーキッドピンクが似合います。
逆に肌の色に黄みが強い方は、コーラルピンクや、サーモンピンクがぴったりです。

もちろん、私の黄み肌にあうのは「サーモンピンク」。
いつものように、赤・黄・白を混色して自分に合うオリジナル色を作ってもらいました。


c0168308_22505680.jpg



そこに、白とピーチを入れて「マーブル」に仕上げていただいたのですよ。
写真でもほんのり僅かに見ることができますね。
また、少し渋いゴールドラメをいれることで、似合う方向へベクトルを向けています。
「似合わせ」には、このひと工夫がかなり大事なのですよ~。

それから、もうひとつ計算に入れたことですが、
ソフトジェルは時間の流れとともに色目が「黄変」するということです。
完成時には「コーラルピンク」だとしても、
1週間、
2週間、
と経つに連れ、「サーモンピンク」へと変化していきます。
これで本当に私にぴったりの色になるというわけです。
色って奥深いでしょう。

写真は完成すぐなので、まだ「コーラルピンク」の段階です。



また、ピンクは心に働きかけて、女性性を高めてくれる色です。
身の回りに置いて、内面から女性の魅力を研いて行きましょう~~~☆

前にもご紹介したかもしれませんが・・・
毎日、眠る前にピンクをイメージして深呼吸してみましょう。
繰り返していると、翌朝、肌のツヤが違ってくるかもしれませんよ。。☆
その名も「ピンクブリージング」。
by chihaya_color | 2010-03-21 01:28 | Nail | Comments(2)

Spring Tour in Hakata

毎年、春のこの季節、全国を廻るツアーセミナーがあります。

今年も博多からスタート!!
前日からの荒れ模様のお天気の中、新幹線で向かいました。
西南へ向かっているにもかかわらず、トンネルを抜けるたびに、だんだん景色が白くなって行くではないですか!!
山口あたりでは一面真っ白。
この車窓からの風景が、この冬に見た一番の雪景色です。
新幹線もスピードを落としての走行。

早めには出発しているので、まずは大丈夫なのですが、
やっとのことで博多駅に到着。

定刻にセミナーも開始することが出来ました。
例年お越しくださる方々のお顔も拝見し、ホッとしました。。。


セミナー後のお楽しみ☆
いつも書いていますが、九州は食べ物が美味しくって(^^)
出張が楽しみです。

今回のヒット賞はこれです☆

c0168308_21543348.jpg



「ばってん茄子」といいます。
写真後ろのメニューにも載っているでしょう。

見た目は普通のお茄子に見えます。
生のまま、縦四つに包丁をいれて氷の上にならべてあるだけに見えますよね。
色も生のままの紫なので、テカった色が、本当に生で大丈夫なの???とこちらを不安にさせます。
こんなところでも、お茄子の紫と補色の酢味噌の黄色が効果的!(笑)

しか~し、これが、騙されたと思ってひとかぶりしてみてください!!
まるで、リンゴ☆なのです!!

c0168308_225944.jpg



新鮮で、サクッと瑞々しくて、香りもさっぱり。
やはり例えるなら、「リンゴ」です。

辛子酢味噌かお味噌でいただきます。


お店は、JR博多駅近く。
筑紫口側、ヨドバシカメラの裏手にある、「さかな市場」というお店。
博多在住の大親友が連れて行ってくれました。

お客さまは、オヤジさま方が多いですが、
十分美味しく博多の味を堪能できましたよ。


猛スピードでお腹を満足させ、最終の新大阪行き新幹線に飛び乗った、
ツアー初日でした。
ふぅ~


ツアーはつづきます。
by chihaya_color | 2010-03-20 22:20 | Diary | Comments(0)

チョコレートケーキ

バレンタインデーも過ぎ去りましたが、
皆さんはホワイトデーのお返しを楽しみにされているでしょうか?

UPが遅れましたが、
バレンタイン前のフラワーカラーの授業にて
生徒達にこんなチョコレートケーキを作ってもらいました。


c0168308_2115440.jpg



可愛いでしょう~~~☆

フラワーで出来ています。

彼氏との写真をハートのピックに差して、飾っていた生徒もおりましたよ。
微笑ましいです。

田舎のお父さんに贈るといっていた子もいましたね。
愛らしい娘です。


本当は、バレンタインデーとか、記念日とかは関係なくて、
常日頃から素直な心を贈れることが、一番ですね。


自分の心に正直に、素直でいることの大切さを
うららかに感じる
早春の日です。
by chihaya_color | 2010-03-12 21:13 | Flower | Comments(1)