色彩スクール&コンサルティング  REAL COLOR DREAM 主宰 松本千早(ちはや)が大阪からお届けするブログです。           色が夢を叶えてくれる☆


by chihaya_color
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
この週末に、半期に一度恒例の某大手通信教育企業様の
パーソナルカラーセミナーが週末に行われました。
丸2日間に渡るタフなスケジュールで、全体講義とグループ実習を担当しています。

c0168308_0423811.jpg


初めてお顔を合わせた、年齢も、性別も、環境も全く違う仲間達で進めて行くセミナーですが、
一緒に学ぶことで不思議と自然に団結が生まれて行くのです。
今回も熱心で元気にあふれ、とても素直な生徒さん達に囲まれ、
幸せなカラー時間を過ごすことが出来ました。

皆さん、楽しそうな表情でしょう~☆
ドレープが卒業証書のように見えますね。
こうして人に喜びを与える仕事ができることが、私にとって何よりの喜び。

いつも素敵な生徒さんに巡り合わせていただけることへの感謝と、
明日もまた色と共に活きて行こうと思える瞬間です。

全力投球で2日間を投げきったピッチャーのように、
達成感をオツマミに、ビールで乾杯~☆
&デザートにsweetをたっぷりいただきま~す~☆
# by chihaya_color | 2009-04-07 01:15 | Color | Comments(0)

春ネイル

春満開にもかかわらず、タイミングをつかめず、未だお花見も出来ていません。。。

せめて、ネイルだけでも・・・
春色ネイルカラーにしてみました。

c0168308_2244678.jpg



実際は写真よりもっと彩度(色の鮮やかさ・強さ~弱さ)が高いエメラルドグリーンメインのグラデーションです。
そこに立ち昇る気泡のようなゴールドラメのホログラム。
ベースのピンクみと相まって人魚姫のイメージ。

ネイルはメイクとはまた違って、いつでも自分で見て楽しめるのが魅力ですね。

ふとした合間に、指先を見て「ちょっと春気分」を味わい、思わず微笑む私でした。
# by chihaya_color | 2009-04-03 22:42 | Nail | Comments(0)

卒業式

3月末、私が講師を務めるカラースクールの卒業式が執り行われました。
1年間、あるいは2年間、カラーを学んできた生徒達を送り出す日です。
仕事の合間を縫いながら、あるいは家事と子育てをこなしながら、皆さんよく勉強を頑張ってくれました。
お疲れさまでした。
かつては自分も睡眠を削って、必死で歩んだ道だけに、感慨深いものがあります。

卒業生&講師の面々です。

c0168308_21432568.jpg


c0168308_21432711.jpg


会場は梅田の某ホテルのバンケットホール。
カーペットはラピスラズリ(濃い紫みの青)、
テーブルクロスはスカイブルーというさわやかな落着きを醸し出すホール。

写真をみて、あらためて補色の効果を実感!
私のオレンジのストールが青に映えますね。

因みにスナップ写真を色鮮やかに仕上げるためのコツは、
被写体に必ず「赤」を加えることです。
理由は屋外で撮影するときは、緑が写り込むことが多いので、補色の「赤」が活きるから。

今回の会場は青がメインだったので、補色の「オレンジ」が正解だったと言うことですね!
卒業式というフォーマルだったので、滅多に着ない「黒」を着て行きましたが、
そのフォローに纏っていたオンジストールが思わぬ効果を発揮しました。


1年、2年と授業で一緒に時間を過ごしていると、自分よりも年上の生徒さんも、ずーっと年下の生徒さんも、とても愛おしく思えます。

頑張る女性は輝いています☆
「カラーが好き☆」・・・という絆で結ばれた仲間達に、さらなる幸せが舞い降りればと祈りつつ、
私自身も初心を思い出し、また気持ちを新たにした夜でした。
# by chihaya_color | 2009-04-01 21:37 | Color | Comments(2)

カラーレンズ

毎年恒例の「カラーレンズセミナー」を終えてきました。
カラーレンズと言っても、コンタクトレンズではありません。
メガネやサングラスに使う、カラーレンズです。

日本が誇るメガネ産地、福井県鯖江市にあるカラーレンズの会社さん、
株式会社加藤八・舞企画さんのカラーレンズセミナーを私が講師として担当しています。

c0168308_23312475.jpg


今回も福岡に始まり、東京、名古屋、大阪と旅してきました。
上の写真は大阪会場です。

今年もたくさんの方々が集まってくださいまして、有難うございます。
私が担当し始めて、はや3年目。
毎年お越しくださって、めきめきと色の実力をつけて下さっている方々、
今年初めて出席して、パーソナルカラーの威力に感激して下さった方々。
それぞれに何かしら色のヒントをお持ち帰りいただけたことと思います。

アットホームで親しみ深い福岡会場。
ここは関西?と思うほどの熱~い盛り上がりをみせる東京会場。
名古屋会場は上品でしっかり学んで頂ける雰囲気です。
大阪会場はやはり皆さん個性的で明るいムード。
地域によってそれぞれの雰囲気があって、私もとても楽しみにしております。

こちらは名古屋会場です。

c0168308_23563397.jpg




お顔の真ん中に置くことになる、カラーレンズ。
似合う色かそうでないかが大きな問題となります。

ご自身のメガネレンズ、サングラスレンズの色、間違って選んでいませんか?

メガネサロンの皆様、
お客様に上手に似合うお色を勧めることが出来ていますか?
色についてお客様から尋ねられて、返答に困っておられませんか?
お店の売るためのディスプレイに、悩んでおられませんか?

色についてのご相談、コンサルティングお受けしております。
是非一度ご相談くださいませ。
お待ちしております。


*********************************
色彩コンサルタント・パーソナルカラリスト
松本千早(ちはや)


chihaya_color@excite.co.jp
# by chihaya_color | 2009-03-29 00:10 | Color | Comments(0)

壱服庵

冬に別れを告げ、春を迎え入れる禊ぎのように降り注ぐ雨の中、
門戸厄神の閑静な住宅街に、その舘は現れました。

「壱服庵(いっぷくあん)」という、お料理&music&癒しのスペースです。

今夜はワイン教室の皆様と憩いの時間を過ごすために出向きました。

c0168308_22253855.jpg


リビングからは大きなガラス越しに広いお庭を眺めることが出来て、
今夜は煙る雨がやさしい灯りを包んでくれています。

オーナーのタッキーさんがその日のお客様のためにお料理の腕を振るって下さいます。

今日のお料理の一部をご披露。
まずは、透明な鯛のマリネ、赤と黄のパプリカのマリネ。
お料理は暖色が基本。前菜として食欲がそそられます。
c0168308_22391153.jpg




私のお気に入り、サーモンのオレンジソース。
フレッシュで食べ応えもあり、とても美味しかったです。
c0168308_22414364.jpg




ケーキのように焼き上がりました。スペイン風オムレツ。
後で綺麗に切り分けて下さいました。
c0168308_22462625.jpg



そして、今日はパン作りの先生、M子さんのお手製パンがいただけました(^^)v
実は私、とても楽しみにしていたのです。。☆

まずはコショウのパンがとても美味しくって、お料理にピッタリ。
下の写真はチーズがたっぷり入ったパンです。
どちらも生地がしっとりで、お口の中でやさしくて、ナチュラルなお味が最高です。


c0168308_22564490.jpg



そして2種類のレーズンとクランベリーのパン。
フレッシュな香りと歯ごたえと余韻が残る美味しさです。
生粋の日本人でも、パンとチーズとワインがあれば生きていけるかも・・・と思えるひととき。

c0168308_22582043.jpg



デザートはベジタブル&フルーツマイスターのA子さんが仕入れてきて下さった、
今話題のいちご
「紅(べに)ほっぺ」

c0168308_2334047.jpg


写真ではサイズが分かりづらいと思いますが、と~っても大きいのです。
でも、しっかり甘くて、フルーティで、
幸せでほっぺが紅く染まりそう。

「補色効果」といって、
イチゴは緑の葉をつけたままの方が、ますます紅色が鮮やかに映って美味しく見えますよ。


締めにはオーナータッキーさんのエリック・クラプトン弾き語り。
音を色で例えることができますが、
タッキーさんの唄声は、やさしいけれど渋みもあって、でも決して重くなくて、穏やかな甘みのあるお声です。
色で例えるなら、色相(色味・色合い)で語るより、
ソフトトーン(トーン:色のイメージ・調子)の唄声と表現させていただきましょう。

因みに、元祖タッキーはご自身だ!とのこと。。。(笑)

c0168308_2392979.jpg



懐かしいギターの音色とともに、緩やかに過ぎて行く、早春の雨の夜でした。。。




壱服庵(いっぷくあん)
http://www.k4.dion.ne.jp/~tucky/
# by chihaya_color | 2009-03-16 00:08 | Diary | Comments(0)