色彩スクール&コンサルティング  REAL COLOR DREAM 主宰 松本千早(ちはや)が大阪からお届けするブログです。           色が夢を叶えてくれる☆


by chihaya_color
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
これは私が良くアクセサリーを購入するお店に飾られてあった作品です。

中東を彷彿させるような青緑とマルチカラー、
決して単純ではない丸いモチーフの織り成す「模様」が
心に安らぎと、フレッシュなエネルギーと、新たな好奇心を与えてくれます。


c0168308_225556.jpg



「模様」って素晴らしいですよね。
「柄」を愛す私にとって、テキスタイルデザインはとても興味をそそられる分野です。

「No Pattern  No Life」 ですね(笑)



そこで、個人にスタイリングが多様化する現代において、
「アパレル業界・リアルクローズ」の世界はいったいどうなっているの?・・・と
疑問を持たれることがあると思います。
色を学び、色のお仕事をしたいと考えている方々にとっては必ず必要な知識ですね。



今回、現場でご活躍中の素敵な先生からテキスタイルデザインを学ぶ機会を設けることができました。
「テキスタイルデザインセミナー」を開催いたします。


日時:2009年8月1日(土)

受付開始 13:40~
時間    14:00~16:00

会場:大阪市西区京町堀の綺麗なスタジオにて
    地下鉄四つ橋線「肥後橋」駅 歩5分
    地下鉄四つ橋線「本町」駅 歩6分

参加費:一般3500円



中でも、今回このセミナーでは
現在のアパレル業界の状況やテキスタイルデザインの製作行程を知り、
有名ブランドのプリントを分析したり、
実際に各自でテキスタイルデザインを行うというworkも行って頂く予定です。


前もってのお申し込みが必要です。

ご興味がおありになる方は、こちらまで是非お問い合わせください。
締切りは7月17日です。


お待ちしております☆
# by chihaya_color | 2009-07-12 23:45 | Color | Comments(0)

ネイル4

今回のネイルは「 the Gold 」です。

赤みを少し感じるカッパーとゴールドの二層ベースにゴールドラメパーツを散らしました。

周りの人達からは「最も私らしい」との感想が。。。

c0168308_23333236.jpg


ゴールドは鮮やかで高彩度ですが、
トーンとしてはやや濃さ・深さを感じる ディープ トーン になります。
そのために、ゴージャス感に繋がるのです。

「トーン」「色調」選びは、イメージ表現に大切ですよ。



色彩心理的には、ゴールドは「叡智(えいち)」を表す色。

学んだことを余さず人生に活かしていきたいですね。

さあ、学びを深めましょう~☆
# by chihaya_color | 2009-06-23 23:47 | Nail | Comments(0)
駅で見つけた素敵なアートポスターです。

c0168308_23475840.jpg



大阪芸大のオープンキャンパス案内として使われていました。



白の背景の面積割合。
(写真ではややグレイッシュですが、実際は真っ白です)

浮遊感から伝わってくる四次元空間。

細いラインと面との対比。

多彩な密。

黒のアクセント使い。



ファッションにも引用できるヒントが満載ですね。


オモシロ~イ。。。

感性が刺激される一品です。
# by chihaya_color | 2009-06-12 00:03 | Praise | Comments(2)

立てば芍薬・・・

「立てば芍薬(シャクヤク)、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」

美しい女性を表わす誉め言葉として知られている言葉です。

c0168308_23253431.jpg


芍薬はブライダルシーンでも、ブーケのお花としてとても人気のある花材です。
しかし残念ながら、4月~6月でないと入手出来ません。
そんなところがなおのこと女心をくすぐります。

良く私は語ってしまうのですが、
ハッキリした四季に恵まれた環境で暮らせる私達日本人は、
とても幸せ者だと思います。

当たり前過ぎて気づいていない人が多いでしょう。
だからこそ、まさに季節を感じる花・草・木を今時の学生にも感じてもらいたくて、
このような作品を作らせています。



そして、一輪一輪の美しさを集めると、こんなに大きな力になります。

c0168308_23355122.jpg




スケールメリット、空間をアートすることが出来ます。

白と黒の花器を使い分けることでニュアンスが広がります。


c0168308_23373626.jpg



配色的には、ピンク・バイオレットにグリーンという反対色相を用いて、
やさしいピンクにメリハリを加えたアレンジをしています。




そこに、さらにオレンジというスパイスを加えてみると、こうなります!!



c0168308_23432917.jpg


色の力は凄いでしょう。
計算された色を投入することで、
意図通りに全く違った「オリエンタル」な雰囲気を醸し出します。



やさしくて、神々しくて、豊かなこの花たちを眺めて、
心癒されながら、こう思うのでした。。。


「芍薬のような女性であれるよう、心掛けねば・・・」 と。
# by chihaya_color | 2009-05-26 23:49 | Flower | Comments(2)

ネイル3

今回のネイルは夏をイメージして、さわやかなブルー系をと考えました。
ただ、パーソナルカラーを学んでいる方ならお分かりの通り、
イエローアンダートーンの私には、単純なブルーだとクール過ぎます。

そこでイエローを混ぜて、アクアブルー系の色を作ってもらい、
ウォーム系に寄せながらも、すっきり感を表現してみました。

c0168308_23402631.jpg



キラキラパーツでお花モチーフなどをのせてみました。
こちらもシーグリーン・メロングリーンにして、
クールになりすぎないように。。。
でも、フレンチラインをやや渋めのゴールドで引き締めることで、
可愛くなりすぎない工夫もしています。


細やかな意識をプラスすることで、
似合うアンダートーン、
相応しいイメージを
キープすることが可能です。

逆に言いますと、アンダートーンのきわどいゾーンにチャレンジすることで、
自分に似合う限界が見えたり、
カラーテクニックの向上につながるということです。


パーソナルカラーを学んでいる方へ・・・

☆初心者の方は、まず典型的なシーズンカラー・イメージをしっかり学んで下さい。

☆中級者の方は、そのシーズンの中にもいろんなタイプがいることを知って下さい。

☆上級者の方は、他のシーズンカラー・スタイルを境界を越えて上手く取り込む方法を学んで下さい。


パーソナルカラーは奥が深いですよ。
だからこそ面白くて、私も歩み続けています。
# by chihaya_color | 2009-05-21 00:01 | Nail | Comments(2)