人気ブログランキング | 話題のタグを見る

色彩スクール&コンサルティング  REAL COLOR DREAM 主宰 松本千早(ちはや)が大阪からお届けするブログです。           色が夢を叶えてくれる☆


by chihaya_color
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

レンピッカ展 Spring Tour in Tokyo2

このポスターを見て、何としても行かなくては!!
とインスピレーションが働き、
渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムで観てきました。

「レンピッカ展」

レンピッカ展 Spring Tour in Tokyo2_c0168308_22212541.jpg


この作品名は「緑の服の女」
モデルは画家タマラ・ド・レンピッカの娘キゼット。

いつも「緑の服を着ている」私としましては、この展覧会を外すわけにはいきません。
生徒にも「緑の先生」と呼ばれているのですから・・・(笑)
(ちなみに上の絵のギゼット、瞳はグリーン、リップはオレンジレッドです。)


女性画家タマラ・ド・レンピッカはポーランド・ワルシャワの良家に生まれ、ロシアで思春期を過ごしました。
18歳で弁護士と結婚。
ロシア革命を機にパリへ亡命するが、働かない夫に代わって絵筆で生計を立てて行く決意をします。

絶世の美貌を持つタマラの描く作品は、どれも圧倒的な存在感を持って観る者を圧倒。
鋭い眼差しと、官能的な肉体がオーラを放っています。

「狂乱の時代」ともよばれた1920~30年代のパリで、華やかな生活を送りながら、
独特の力強い画風とその美貌で一世を風靡していきます。
パーソナルカラーで例えるならば、
「Winter画風」とでも言いましょうか・・・
少ない色数と、シャープなライン、強いコントラストで描かれています。

第2次世界大戦の中、アメリカに亡命。
一時は不遇の時代に陥ります。
この時代、作風ががらりと変わっています。

しかし、晩年になり改めて評価を受けることに!!
1980年82歳でその劇的な人生を終えます。

この展覧会は没後30年の回顧展ということもあり、数々の作品が集められていたのですが、
会場でそんなタマラ・ド・レンピッカの生涯年表を見ていて、驚いたことが・・・!!
彼女が亡くなって、遺言に従って遺灰を火山に撒いた日が、
1980年3月18日でした。

3月18日・・・

「今日じゃないの~~~!!」
鳥肌が立ちました。

呼ばれたのですね、タマラに。
「強く生きなさい!」と叱咤激励されているような。。。
女性としての生き様を教えていただきました。



そして、そして、色を学んでいる皆様、
色使いのヒントも満載ですよ。


渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムでは5月9日まで。
関西では兵庫県立美術館にて、5月18日~7月25日まで開催されます。
皆様、どうぞオススメです。
私ももう一度観たいな・・・とさえ思います。


女性は綺麗に強く生きなくては・・・ね。。。☆
by chihaya_color | 2010-03-27 23:33 | Diary