色彩スクール&コンサルティング  REAL COLOR DREAM 主宰 松本千早(ちはや)が大阪からお届けするブログです。           色が夢を叶えてくれる☆


by chihaya_color
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

時代は中彩度

可愛いくてステキな観光ポスターを見つけました!

出張に向かう前、JR新大阪駅のカウンターでチケットを購入中、
ふと柔らかな色合いの気配を感じ、横を見るとの壁にこれが貼られていました。

c0168308_21522595.jpg


「平城遷都1300年祭」でキャンペーンを行っている奈良へ誘う
JR西日本のポスター&パンフレットデザインです。

奈良=鹿 ・・・という安易な発想ではありますが、
今どきの若い女性のこころを掴むデザインですよね。


隣に貼られていた通常の観光ポスターは、こうです ↓

c0168308_2224521.jpg


よく見かけるJRのポスターはこういうイメージですよね。
(谷村新司さんはとっても面白くて魅力的な方ですが・・・)
写実的で、現実がそこにあるイメージになってしまいがちです。
もっと自分自身がオリジナリティある旅を創造できる余裕を含ませて欲しいのです。


では、この奈良のポスターの色使いを分析してみましょう。

まず、色相(色み・色合い)は、「赤紫」と「緑」。
カラーを学んでいる方はもうお分かりですね!
はい、補色です。
互いの色をきれいに見せ合う色どうしですね。
色相にコントラストがあるので、リズム感も生まれます。

また、その対比を和らげるように「白」も使われていますね。

背景は若草山を思わせるほんのりうすーい「黄緑」。



では、トーン・色調はどうでしょうか。
赤紫はやわらかいl「ライトトーン」
緑は深めの「ダークトーン」
背景の黄緑はほとんど白に近い「ベリーペールトーン」とでも呼びましょう。

つまり、背景は別にして、
赤紫が明るくやわらかくなった「ピンク」も
落ち着いて深い「緑」も
中彩度なのです。

現代の風潮は「ナチュラル」&「リラックス」。
若い世代では特にゆる~い感じが心地良く受け入れられています。
その空気感を表わすためには
鮮やかで攻撃的でシャープな「ビビッドトーン」の高彩度では決してないのです。
かといって小さい頃から色の楽しさを知っている世代には、「グレイッシュトーン」の低彩度ではもの足りません。


つまりは、「中彩度」なのです!


緩やかに時が流れてきた歴史をイメージし、
何かと争いを嫌い穏やかな関係を望む現代の若者の心を捉えるには、
中彩度なのです。

とんがり過ぎずにしなやかに自分を表現できるのが、中彩度なのです。


パンフレットのページを開いても、
この「ピンク」と「緑」が期待を裏切らずに誘導してくれています。



色上手になるには、「トーン」「色調」に長けること、これなのです!!


c0168308_146034.jpg

# by chihaya_color | 2010-04-17 23:51 | Color | Comments(2)

盛り上がりました!

恒例のユーキャンパーソナルカラーセミナー、
この春も盛り上がりました。

今回も熱心な生徒さん達で、最後に残られていた方々で全員写真を撮ろうとご提案があり、実現しました!

c0168308_2332079.jpg


やはり関西の方々が多いですが、
東は愛知から、北は石川、西南は四国・九州・沖縄からも参加いただいています。

私のブログも、このセミナー卒業生の方々が良く見て下さっているので、この光景を懐かしく思われる方も多いのではないでしょうか。

あの熱い日のことを思い出して、
皆さんそれぞれの「COLOR LIFE」を更に磨き上げてくださいね☆


今回の会場は、たっぷりとした「北窓昼光」がまさに実現出来る会場でした。
完璧な条件は望めないことの方が多く、
様々な環境に耐えながら、セミナーやカラー診断に臨んでいる日々。
黄色い西日に悩まなくて済む、安定した「北窓昼光」の有り難さを改めて痛感しました。


カラーにとって、環境はかなり大切です。
# by chihaya_color | 2010-04-13 23:18 | Lesson&Work | Comments(2)

梅が枝

桜よりひと足先に咲いた梅の写真です。
田舎の庭で撮りました。

c0168308_22253281.jpg


お花のピークが過ぎているので、余計に枝が目立ちます。

植物の 「 枝 」 って、自然が織り成すアートですね。。。


桜の枝にはしなやかさもありますが、

特に梅の枝は直線が鋭く、強く、生命力を感じます。

そこまで強くなくてもいいのに。。。とさえ。

その分、優しい花を桜よりも早い頃から咲かせるのでしょうか。。。



強さと優しさは表裏一体。

人間も同じですね。

癒されたいときには、お花が一番です。
# by chihaya_color | 2010-04-05 22:40 | Flower | Comments(2)

卒業式

先日、カラースクールの卒業式&パーティが大阪で執り行われました。

ヨシタミチコ校長もご一緒の写真です。

c0168308_22273132.jpg



こちらは1年目を卒業の皆さん。
色を知ることで、それぞれ個性が表れてきて、輝き始めているでしょう~☆

(プライバシーもあるので、若干ぼかし気味の写真で失礼いたします)


c0168308_22304392.jpg


こちらは2年目の皆さん。
お仕事などで卒業式の欠席者が多かったので、ちょっと寂しい写真となりました。
パーソナルのとても大変な課題をこなし、自信を持てた2年目だったことでしょう~☆

皆さん、お疲れさまでした。
そして、色を味方につけて、益々輝いていってください!!
応援しています。


セレモニーということもあって、珍しく似合わない「黒」を着ている私。
出来る限り、黒をウォームに着るように工夫しているのですが、お気づきでしょうか。。。

黒地にベージュで得意の更紗模様が入ったアメリカンスリーブのチュニックに、
黒のベロアのジャケットをはおっています。

襟が詰まっているので、首にはぶどうの房を思わせる複雑怪奇なベージュパールネックレス。
オータムさんは、これくらいの混雑さ(あえての形容です)が必要です。

パーソナルカラーシーズンを決める診断はほんとうに単なる入り口です。
例えば同じサマーさんでもいろんなタイプがあることを学び、
それぞれの人に相応しいアドバイスが出来るようなカラリストになってください。

改めて私は何人くらいの人を診断してきたのだろう・・・?
とふと考えました。

自分でもびっくり!!
ナント、1万人に近付いているかも知れません!!

ずっとカウントしてくれば良かった・・・と後悔。
栄えある1万人目の方に記念品をプレゼントしたかったです☆(笑)
# by chihaya_color | 2010-04-03 22:53 | Diary | Comments(2)
このポスターを見て、何としても行かなくては!!
とインスピレーションが働き、
渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムで観てきました。

「レンピッカ展」

c0168308_22212541.jpg


この作品名は「緑の服の女」
モデルは画家タマラ・ド・レンピッカの娘キゼット。

いつも「緑の服を着ている」私としましては、この展覧会を外すわけにはいきません。
生徒にも「緑の先生」と呼ばれているのですから・・・(笑)
(ちなみに上の絵のギゼット、瞳はグリーン、リップはオレンジレッドです。)


女性画家タマラ・ド・レンピッカはポーランド・ワルシャワの良家に生まれ、ロシアで思春期を過ごしました。
18歳で弁護士と結婚。
ロシア革命を機にパリへ亡命するが、働かない夫に代わって絵筆で生計を立てて行く決意をします。

絶世の美貌を持つタマラの描く作品は、どれも圧倒的な存在感を持って観る者を圧倒。
鋭い眼差しと、官能的な肉体がオーラを放っています。

「狂乱の時代」ともよばれた1920~30年代のパリで、華やかな生活を送りながら、
独特の力強い画風とその美貌で一世を風靡していきます。
パーソナルカラーで例えるならば、
「Winter画風」とでも言いましょうか・・・
少ない色数と、シャープなライン、強いコントラストで描かれています。

第2次世界大戦の中、アメリカに亡命。
一時は不遇の時代に陥ります。
この時代、作風ががらりと変わっています。

しかし、晩年になり改めて評価を受けることに!!
1980年82歳でその劇的な人生を終えます。

この展覧会は没後30年の回顧展ということもあり、数々の作品が集められていたのですが、
会場でそんなタマラ・ド・レンピッカの生涯年表を見ていて、驚いたことが・・・!!
彼女が亡くなって、遺言に従って遺灰を火山に撒いた日が、
1980年3月18日でした。

3月18日・・・

「今日じゃないの~~~!!」
鳥肌が立ちました。

呼ばれたのですね、タマラに。
「強く生きなさい!」と叱咤激励されているような。。。
女性としての生き様を教えていただきました。



そして、そして、色を学んでいる皆様、
色使いのヒントも満載ですよ。


渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムでは5月9日まで。
関西では兵庫県立美術館にて、5月18日~7月25日まで開催されます。
皆様、どうぞオススメです。
私ももう一度観たいな・・・とさえ思います。


女性は綺麗に強く生きなくては・・・ね。。。☆
# by chihaya_color | 2010-03-27 23:33 | Diary | Comments(1)